ハイパーヨーヨー、ビーダマン、メダロット、ミニ四駆など コロコロ、ボンボン系の出張買取はお任せください!長野県内、山梨県、岐阜県等近隣県など無料で伺います!

どうも、柴山です。

 

非常にタイムリーなことに、前回記事

コミックボンボン、コロコロコミック等児童向け漫画雑誌、また、それらに掲載されたおもちゃ等を積極的に買取します。

に関連して、店主がハイパーヨーヨーを買取してきましたので、ちょっと紹介を。

mozilla-firefox-lnk

ファイヤーボール、ステルスブレイン、ハイパーミレニアム。

懐かしい。

ハイパーヨーヨーとは?

ハイパーヨーヨーは、価格や品質ばかりでなく性能面で特性の異なる様々な商品をラインナップし、商品選択から楽しめる幅広いホビー性を提供したこと、児童漫画雑誌とのタイアップによるテクニック・メンテナンス指導、競技会開催などの大規模プロモーションで一大ブームを巻き起こした。

ほとんどの商品は既存ヨーヨーメーカーOEMである。各モデルの特徴を系統立て、どのようなプレイトリックに向くかなどを解説表示し、メンテナンス部品・アクセサリも加えて統一ブランドの下に発売するという販売戦略により、小中学生を中心に人気を得た。主要な機種は分解可能で、糸交換やオイル使用などのメンテナンスを必要とする。一部は現在も競技で使用されている物と同等である。

1997年後半から1998年のブーム時には大型量販店で売り切れが続出したことで社会現象になり、ワイドショーなどでもたびたび取り上げられ、中村名人(ミニ四駆でいうミニ四ファイター、ビーダマンでいうマスター攻略王のようなサポーター的存在)やハイパーヨーヨーの全国大会入賞者がテレビ出演することもあった。また、各地でイベントや大会が行われたり、ハイパーヨーヨーを使うパフォーマーも現れるほどになる。さらに全国各地のバンダイが指定した店でトリックの認定が行われた。1990年代中期の『月刊コロコロコミック』全盛時のホビーであるミニ四駆ビーダマンの中では最も後発ではあったものの、最終的には高い人気を得た。ブーム時には他社から様々な類似品も発売された。しかし金属ベアリングの「レイダー」などの高級モデル(5000円程度)の登場以降はブームは終息に向かい、「ハイパードラゴン」発売の頃にはブームは沈静化した。

ブーム沈静後の2004年前半から後半にかけて、再びハイパーヨーヨーが発売される。1997年に発売された一部の商品を機能をそのままに模様だけ変えたものと、新たにラインナップに取り入れた機種が発売された。こちらは1997年から98年のブームと違ってさほどブームにはならなかった。2010年2月13日にコロコロコミックと提携して再発売された。

(wikiより)

 

かくいう僕も発売当時はスピナーでした。(ハイパーヨーヨーのプレイヤーのことを当時はこう呼んだ)

中村名人にあこがれ、さまざまなトリックを練習し、販売店で行っているトリック認定会に通っていました。

 

得意としたのはストリングプレイで、愛用していたのはファイヤーボールとステルスレイダー。

いやー本当懐かしい。5年ほど前にたまたまおもちゃ屋で見かけたファイヤーボールの黒を衝動買いして触っていないのも思い出しました。笑

 

当時の記憶を思い返して少しプレイしてみました。

 

ハイパーミレニアムでループザループにチャレンジ。

なんとも・・・。今やると全然難しいですね。笑

 

ステルスブレインではスリープ力に不安があるため、ファイヤーボールにのベアリングに間に合わせでワセリンを塗って、ストリングトリックにチャレンジ。

技名はもう忘れてしまいましたが、「なんとか・ジ・アトム」とか「アトミックファイヤー」とかそんな名前の技をイメージしています。

 

 

でき・・てない!

後で調べたら、最近でも「スプリットジアトム」「バレルロール(アトミックファイヤー)」という名前で技がありました!

↑の動画でチャレンジしたのはバレルロールのイメージでしたが、本来は3回回転させなければいけない様です。

昔はできたのにぁ・・・(言い訳)

 

ショップサイトなどで調べていたら、今のヨーヨーのバリエーションの豊富さと言ったら!

技も何をやってるかわからないほど複雑なものがたくさんありました。

バレルロールやスプリットジアトムなんかは、当時は一番難度の高いトリックだったと記憶していますが、(間違ってたらすみません)今見るとレベル1~8+エクストラまである内、レベル1でした。泣

 

自分の中でまたブームが再燃しそうでこわいなぁ。

 

 

こういった’90年代後半当時の物には他にもミニ四駆やメダロット、ビーダマンなどがありますよね。

いずれもコロコロコミックなどの児童向け漫画雑誌とのタイアップからブームが生まれ、少年を魅了してきました。

 

長くなってしまいましたが・・・

 

三日月堂ではハイパーヨーヨー、ミニ四駆、メダロット、ビーダマン等を買取しています。

ハイパーヨーヨーでは発売当初の物から最近の物まで、

メンテナンス用品やストリングス等消耗品合わせてのご依頼も大歓迎です。

 

ミニ四駆ではプラモデル同様、未組み立て品であれば高評価に繋がりますが、

通常リサイクルショップなどでは買取してくれないような組立途中、パーツ欠でも量やモノにより買取させて頂きます。

もちろん完成品、カスタム品なども精一杯評価させて頂きます。

その他コース、セクション、大量パーツなど、関連商品なんでもご相談ください。

 

ビーダマン、メダロットの本体、パーツはもちろん、イベント限定品、抽選プレゼント品などのコレクションや、

メダロットアニメサントラ、各ゲームソフトなど、様々なアイテムを買取対象にしておりますので、

売却、整理をお考えの方がいましたら、ぜひ当店に買取させてください!

 

一度にご依頼いただいた関連商品が多ければ多いほど、その「コレクション性」を評価、査定額に上乗せさせて頂いております。

 

大量のご依頼は長野市、松本市、安曇野市、諏訪市、上田市、佐久市他、長野県内や

中津川市、恵那市、瑞浪市、多治見市、可児市、岐阜市他 岐阜県、

甲府市、北杜市、南アルプス市、韮崎市他 山梨県などの無料出張買取に伺っています。

 

ご自宅に居ながら買取依頼ができる、宅配買取もご好評いただいております。

着払いにてこちらへ送っていただければ、査定、お支払いまで商品到着後、通常1~2日ほどで完了します。

発送用段ボールもご用意できますのでお気軽にご相談ください。

 

県外の方のご依頼もお待ちしております。

 

宅配買取のお問い合わせはお電話かこちらからも承っております

 


古本古書の出張・宅配買取は
三日月堂へお任せください!

お電話での買い取り申込はこちら