US版映画ポスター買取にも強い!人気映画ポスターコレクションの高額査定実績のご紹介

USポスターと呼ばれる映画ポスターコレクション、日本版と何が違う?

三日月堂では80年代アイドルコレクションや、鉄道コレクション、ナイフコレクション、

ゲームから写真集、昭和の雑誌に至るまで幅広い趣味・コレクション品を取り扱っておりますが

その中でも数多くのお客様に特にご満足頂いておりますのが、映画関連のコレクション。

 

映画関連グッズもチラシやパンフレット、チケットの半券からサウンドトラック、ロビーカードなど

数多くアイテムありますが、特に高額となりやすいのはやはり通常では手に入りにくい

映画のポスターと呼ばれるアイテムです。

 

しかしこの映画ポスター、実はコレクター様の中でもさらに収集しているポスターのジャンルが

分かれていることが多く、SF映画、ホラー映画、さらにコレクター様の好きな映画監督、俳優さんなど

好みによって分かれておりますが、中でも一定の人気を誇るのはUSポスターに特化したコレクター様でしょう。

 

最近ではSNSのトピックで「日本と海外の映画ポスターの違い」といった記事を目にすることがありますが、

基本的には海外で作られた映画が日本で公開される場合、映画のタイトルやポスターなどが

リデザインされることが多く、大きく雰囲気やイメージが異なるものも存在します。

 

昔の映画ですとキャッチコピーとして「世界に衝撃を与えた〇〇監督が放つ戦慄の超大作!」なんて

文字が入ることで映画に馴染みのない一般の方や、海外でヒットしている俳優や監督などを

売り出した映画などの際にはそういった文言を入れないと、観客に凄さが分かりにくいなどの

配給会社側の配慮があるそうです。

 

また、日本と海外のポスターデザインの違いの特徴として、海外の映画ポスターはシンプルといった話も

よく耳にします。確かに当店で取り扱っている海外の映画ポスターを見てみても、

文字情報は出来る限り少なく、年代ごとのデザインの流行はあるものの、海外のデザインの方が

すっきりした印象に感じられます。

 

これは世界各国におけるポスター文化の違いのようなものが反映されており、

例えるのであれば日本の映画ポスターは「広告」といった意味合いが強いのに対し、

アメリカの映画ポスターはそれ単体で「作品」としての意味合いが強く、ポスターに対する予算も

アメリカの方が大きく予算が割かれるといった捉え方の違いから、日本のポスターは

分かりやすさ重視で文字情報が多く、アメリカのポスターはシンプルかつデザイン性の高いものが

多くなると言われているそうです。

 

上記のような事から、US(アメリカ)ポスターに特化した映画ポスターコレクターのお客様というのは

数多く存在し、当店ではそういったポスター毎の国内版、US版、UK版、地方版といった違いや

初版やリバイバル版などの細かな査定ポイントにつきましてもしっかりと見極め、

査定をさせて頂いております。

 

本日はその中でも当店で特に高額となったUS版映画ポスターの買取事例についてご紹介致します。

 

長野県上田市よりUS版映画ポスターコレクション5点を買取致しました

こちらは長野県上田市のUS版映画ポスターコレクター様よりご依頼頂きました、

1970年代を中心としたポスターのコレクション約5点です。

 

お客様曰く、集めていたポスターコレクションの中からより良い状態のポスターが手に入ったものが

数点あるので、不要になったポスターを買い取って欲しいとのお話でした。

 

早速ご自宅にお伺い致しました所、お部屋の至る所に映画ポスターのコレクションが

綺麗に保管されており、特にお気に入りのコレクションについてはディスプレイまでこだわるという

徹底ぶりでした。

 

今回ご依頼頂きましたのは、下記のポスター5点で

・US版1sh 「Vanishing Point(バニシング・ポイント)」(1971)

・US版1sh 「Race with the Devil(悪魔の追跡)」(1975)

・US版1sh 「BENEATH THE PLANET OF THE APES(続・猿の惑星)」 (1970)

・US版1sh 「TRAFFIC(トラフィック)」(1971)

・US版1sh 「Somewhere in Time(ある日どこかで)」(1976)

どれも比較的古めの1970年代の映画かつ、全て初版というコレクターの名に違わぬ

素晴らしいコレクションとなっておりました。

 

ご依頼者様によりますと、購入した時から折れや畳み跡、ヨレなどが気になっているもので

しばらくした後、より状態の良いものを購入し直したとおっしゃっておりましたが、

それでも市場では需要の高い映画ポスターが揃っており、お客様のコレクション性を

高く評価し、一点一点しっかりと査定をさせて頂き、高額査定となりました。

 

US映画ポスター以外にもこんなものも!映画ポスターの種類をご紹介

ご紹介したUS映画ポスターを含めて、映画ポスターには数多くの種類が存在します。

それでは当店でお取り扱いが多く、人気のポスターの種類をいくつかご紹介致します。

 

US版映画ポスター

US(アメリカ)における映画ポスターを指し、基本的にはオリジナルポスターと呼ばれる

いわゆる公式の初版ポスターが最も人気が高くなります。

やはり世界的視点ではアメリカの映画ポスターのコレクターが最も人口が多く、

日本にも多くのUS版ポスターの蒐集家がいらっしゃいます。

 

ワンシートと呼ばるサイズ(27×41インチ)が最も一般的かつ需要も高いのですが、

印刷された年代によりサイズや紙の質感も若干異なり、さらに80年代中期からは

両面印刷と呼ばれる光を当てた時に透けない、高品質なポスターも登場しました。

 

UK版映画ポスター

UK(イギリス)における映画ポスターを指し、アメリカと異なり横長のポスターで

あることが多いのですが、UK版同様ワンシートのものも存在します。

 

年代の古いものは紙が厚く、昔からアメリカの映画とも関係性を築いているため

アメリカの映画であってもイギリスで作られるといったケースも多々ありますが、

ポスターデザインはイギリス独自のものを採用していることもあり

こちらもコレクションの対象になることが多いです。

 

リバイバル版映画ポスター

人気の高い映画であったり、名作であったりといった映画は時間をおいて

再上映されることがあります。その事をリバイバルと呼び、上映の際に新たに印刷される

映画ポスターがリバイバル版と呼ばれる映画ポスターです。

 

基本的にはやはりオリジナル版の方が希少性や需要の関係で価値が高くなりやすい

のですが、中にはオリジナル版と各年代のリバイバル版を揃えているといった

非常に熱心なコレクター様も存在します。

 

立て看板映画ポスター

こちらは上記とは異なり、日本独自の映画ポスター文化と言えるでしょう。

現在では映画のポスターはきっちりとフレームに収まりライトなどが当てられ綺麗にディスプレイが

行われておりますが、昭和の映画館では中小含めて非常に多い数が存在し、

中にはそういった凝ったディスプレイが出来ない映画館も存在しました。

 

そんな中活躍したのが、こちらの立て看板型の映画ポスターでB2判のポスターが上下2枚と

なっているもので、通常のポスターよりも数が少なく希少なものとなります。

 

また、こういった2枚1組の映画ポスターは保管のリスクや難度も2倍となるため、

綺麗な状態で残っているものは珍しく、保存状態が良い人気作品であれば

かなりの高額が期待できる可能性も秘めております。

 

スピードポスター

スピードポスターはB2判の映画ポスターを縦半分に切ったサイズの映画ポスターの事を指し、

もともと映画公開に伴い、取り急ぎで作られた告知用のポスターが語源となっているそうです。

 

そういった経緯があるため、文字だけが印刷されているものもあれば、B2サイズの映画ポスターと

デザインがほぼ一緒だったり、裏面が解説になっているポスターも存在したりと、デザインの幅が広く

また制作者の個性が光るのもスピードポスターの面白みとも言われております。

 

その他映画ポスター

上記以外にも、日本各地で上映された際にその地方の映画館などの名称が印刷された地方版や、

韓国版を指すKOR版、フランス版、イタリア版、ドイツ版、海外向けに作られたインターナショナル版、

ポスターの折れやよれ・破れを防ぐ目的でカンバス布で裏打ちするリネンバックなど

様々なポスターが存在します。

 

高額買取となるUS版映画ポスターをご紹介

・「THE MAN WITH GOLDEN THE ARM(黄金の腕)」USオリジナル 映画ポスター

・「JAWS(ジョーズ)」USオリジナル 映画ポスター

・「STAR WARS(スターウォーズ エピソード4/新たなる希望)」USオリジナル 映画ポスター

・「The Prince and the Showgirl(王子と踊り子)」USオリジナル 映画ポスター

・「YOU ONLY LIVE TWICE(007は2度死ぬ)」USオリジナル 映画ポスター

・「Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb(博士の異常な愛情)」
USオリジナル 映画ポスター

・「WEST SIDE STORY(ウエストサイド物語)」USオリジナル 映画ポスター

・「STAR WARS RETURN OF THE JEDI(スターウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐)」
USオリジナル 映画ポスター

・「BLADE RUNNNER(ブレード・ランナー)」USオリジナル 映画ポスター

・「TRON(トロン)」USオリジナル 映画ポスター

・「VERTIGO(めまい)」USオリジナル 映画ポスター

 

US版映画ポスターコレクションの買取は当店へ

映画ポスターなどのコレクションは1点1点の特色が強く、

そのジャンルに精通した専門家でないと適切な価値が判断出来ないことがございます。

また、大手買取サイト様のマニュアル査定では見逃してしまいがちな、細かな市場需要の変化や

商品の稀少価値、そのジャンルの急上昇商品なども当店は見逃しません。

 

当店では映画のコレクション分野に精通した副店主自らが査定を行うほか、

各ジャンルに精通したスタッフが多数常在しており、

お客様の大切なコレクションを一点一点しっかりと確認させて頂きます。

 

「これ買い取って貰えるかな?」「事前にいくらぐらいになるか知っておきたい」

「出張買取はお願い出来るかな?」などの買取に関する質問にお答えするために

メールや電話による事前査定も行っており、こちらをご利用頂きますと買取が非常にスムーズとなります!

 

長野県、群馬県、新潟県、富山県、岐阜県、愛知県、静岡県、山梨県、埼玉県、

東京都、神奈川県などの長野県近郊は出張買取を行っており、

北は北海道から南は沖縄県まで、全国からの買取実績もある着払いによる宅配買取もがございます。

 

US版映画ポスターコレクションの買取は当店におまかせください!

「めまい/Vertigo」が入荷。US版映画ポスター買取しております!

映画ポスター「見知らぬ乗客」アルフレッド・ヒッチコック監督を当店では高価買取中です!

映画ポスターの売却先にお困りの方へ、買取は三日月堂にお任せください!


古本古書の出張・宅配買取は
三日月堂へお任せください!

お電話での買い取り申込はこちら メールでのお問合せ