BUCK バックのナイフ 買取随時強化中です。検討中の方はお気軽に三日月堂へ!

バックナイフは1902年、カンザス州で無名だった鍛冶屋H.H.BUCKが、新たに熱処理のアイディアを思いついたことにより、誕生したナイフです。

H.H.BUCKによって製作されたナイフは、丈夫でブレードも鋭く、たちまち評判になっていきました。

そこから家系に代々受け継がれていき、バックナイフの伝統が、現代にまで生き続いています。
今はスポーツナイフメーカーにおいて、世界1のメーカーでもあります!

世界中で愛されているロングセラーのナイフということもあり、買取に出せば、高価買取も期待できるでしょう。

もしお手持ちにバックナイフがあり、売ろうか迷っている方がいましたら、ぜひ三日月堂にお任せください!

当店はナイフ全般を扱っており、お客様が愛用していたバックナイフも、適正な価格で買い取らせていただきます。

 

【バックナイフの背景】

バックナイフは1902年に、カンザス鍛冶屋の見習いをしていたホイト・バックによって生み出されました。

当時、ホイト・バックがバックナイフを作るのに使っていた原料は、中古のファイルブレードでした。

これは第二次世界大戦中に高い評価を得て、その後もホイト・バックは、使用済みのヤスリを材料として、バックナイフを製作していました。

しかしながら、もっとブレードの切れ味を良くするためにも毎日鋼材と、その熱処理法について、地道に研究を続けていました。

戦争が終わり、ホイト・バックと息子のアルはサンディエゴに移り住み、1947年には、「H.H. Buck & Son」をオープンします。

1964年になると、ホイト・バックはついに、新しいモデルであるModel110フォールディングハンターを発表しました。

ここで注目されたのは、信頼性の高いロックブレードです。
ナイフ産業にとっては大変革にもなるような、これまでにない新感覚のナイフでした。

そしてついにバックナイフは、並はずれたナイフブランドとしてのポジションを獲得し、アメリカを代表するアウトドアナイフメーカーの1つになったのです。

 

【用途によって使いやすいブレード】

バックナイフの刃は、用途によって様々な形状になっています。
背が真っ直ぐで、エッジが曲線を描いたものは万能で、オールマイティな機能性があります。

また、ほんのちょっぴり刃先が下がっているバックナイフは、切る、皮を剥ぐといった作業に向いています。

ハンター用のナイフと言えば、バックナイフを想い浮かべるナイフファンも多いはずです。

現に、ポケットナイフの一種であるクリップポイントは、モノをカットする、刺すことが得意で、ハンター用のブレードのシルエットが特徴です。

 

【アウトドアも得意なバックナイフ】

実はハンター用に留まらず、バックナイフはキャンプなど、アウトドアにも適したナイフです。

焚き火を作るために、周りにある木を削る役目も果たしますし、削った木でモノを作ることもできて趣味性が高く、愛好家も多いです。

 

【バックナイフの買取なら三日月堂で】

このように、バックナイフはデザイン性だけでなく、機能性においても卓越しており、アウトドアなど実用的に使えるシーンが多いです。

バックナイフのメーカーが確率され、50年以上たった今でも愛され続け、需要は高いと言えます。

バックナイフを長年愛用してきて、もう手放してもいいかなと思っている方や、売り先にお困りの方がいましたら、三日月堂で対応いたします!


古本古書の出張・宅配買取は
三日月堂へお任せください!

お電話での買い取り申込はこちら メールでのお問合せ